[6] 企業の人事・研修・情報システムご担当の皆様へ

1教育ITソリューションEXPOには、800社が出展

※最終見込み数


  • eラーニング・動画配信で教育・研修を効率化したい
  • スマートフォン・タブレットを有効活用したい
  • 英語などの語学研修を効率的に行いたい
  • 教育・研修コンテンツを制作したい
  • 研修習熟度を管理したい
  • 海外でも国内と同じ研修を実現したい
  • ・・・など

人材育成や研修に関わる皆様 ぜひご来場ください!

  • 2企業向け 専門セミナーを開催!

  • ※事前登録制

  • EL1 5月17日(水) 10:00~11:00 <PC未支給社員へのeラーニング>
    吉留 徹氏

    PC未支給の工場現場社員8千名含む全社員3万名のeラーニング


    新日鐵住金(株)
    業務プロセス改革推進部 主幹
    吉留 徹 氏

    新日鐵住金は、従来から内部統制・リスク管理等に関する教育にeラーニングを積極的に活用してきたが、PC未支給の現場社員約8千人(全社員の25%)には、事実上、紙等による集合研修を強いてきた。しかし、2014年より、PC未支給の社員に対しても、eラーニング化を実現してきた。その取組、効果を紹介する。
    プロフィールはこちら
    • 昭和57年に北大を卒業し、新日鐵に入社。室蘭製鉄所、本社、九州支店、ヒューストン事務所と、営業畑を歩き、2001年から本社IT部門に従事し、全社ポータル、ホームページ、動画配信等を担当。E-ラーニングは、2007年に新日鐵で導入して以来、一貫して担当。本年10月に定年・還暦を迎える。趣味はトライアスロンやスキー(その昔の一級)や料理。昨年6月には豪州ケアンズでアイアンマンを完走。8月には馴染みの民宿に泊まり珠洲の大会を完走。冬は実家(札幌)の帰省ついでにスキー。毎日の料理は、フルタイム勤務の妻とシェア。

    EL2 5月18日(木) 10:00~11:00 <社員の英会話教育>
    葛城 崇 氏

    eラーニングを活用したグローバル人材育成への取組
    ~「社内公用語英語化」を支えた教育ツールとは~


    楽天(株)
    新サービス開発カンパニー インキュベーションオフィス
    教育事業プロジェクト推進課 シニアマネージャー
    葛城 崇 氏

    グローバル人材育成の1つとして英語教育があるが、コストおよび時間的制約、様々な拠点、多様なレベル、大人数といった課題にぶつかる。その課題をアプリ等を活用して飛躍的な英語力向上を達成した事例を紹介する。
    プロフィールはこちら
    • 早稲田大学理工学部卒業後、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)に入社。その後、楽天株式会社にて人事部長、教育研修部長として人事制度設計・運用、中途・新卒採用、社員教育等を担当。また、社内公用語英語化“Englishnization Project”をプロジェクトリーダーとして推進。アメリカの子会社(Rakuten USA)の勤務を経て、文部科学省 初等中等教育局 国際教育課へ出向し英語教育に関する企画の立案・推進を担当した。現在は、楽天にて教育事業を担当している。

    EL3 5月19日(金) 10:00~11:00 <技術伝承・研修の効率化>
    松木 利幸 氏

    ものづくりの現場における技能伝承教育
    ~eラーニングで基礎知識を習得、現場実践力を高める~


    JFEケミカル(株)
    西日本製造所 総括室長
    松木 利幸 氏

    現業系社員の技能伝承教育として、従来からのマンツーマン指導に加え、’14年3月にeラーニングを導入。現場実践実務に必要な基礎知識の習得に務め、効果を挙げている。学習内容の効果的な定着化のための、現場第一線ならではの諸施策について紹介する。
    プロフィールはこちら
    • 1987年4月川崎製鉄㈱に入社し、化学事業部千葉工場(現JFEケミカル㈱)に配属。以降、2010年3月までの23年間にわたり、一貫して生産現場の第一線に勤務。その後本社を経て、2013年1月JFEケミカル㈱西日本製造所倉敷工場勤務となる。工場長として技能系社員の効果的な技能伝承方法を模索し、eラーニングに着目。2014年3月入社5年目以下の若手社員を対象に、西日本製造所の2工場に導入、翌年には東日本製造所にも展開する。2015年9月より現業系社員の採用・教育業務を含む、西日本製造所の間接部門を統括する総括室長として現在に至る。

  • ※セッションの録音、写真、ビデオ撮影は禁止です。また、講師・プログラムが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

  • 上記セミナー以外にも、教育に関わる全32セミナーを開催!



  • お問合せ Contact

    edix@reedexpo.co.jp