[4] 塾・予備校・専門学校の皆様へ

1教育分野 日本最大!過去最多800社が出展

※最終見込み数


  • 採点をスピードアップ・効率化させたい
  • タブレットや電子黒板を活用したい
  • プログラミング教育を行いたい
  • 授業配信・動画配信を活用したい
  • ICT活用で学力を向上させたい
  • 事務・経営を効率化したい
  • ・・・など

教育現場の課題を解決するための、製品やツールが一堂に集まります。
是非、ご来場ください!

  • 2基調講演を開催!

  • 無料

    ※事前登録制

  • K15月17日(水)10:00~11:00
    三島 良直 氏

    東京工業大学の教育改革~学びの刷新~


    東京工業大学
    学長
    三島 良直 氏

    平成28年4月、東京工業大学は全学の教育システムを刷新するとともにカリキュラム編成も全面改訂する大きな教育改革をスタートさせた。世界のトップ大学に伍した教育の質を目指し、学生の積極的かつ柔軟な学びを可能にしたい。
    プロフィールはこちら
    • 工学博士(カリフォルニア大学)。1973年東京工業大学工学部卒業、1975年東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了後、カリフォルニア大学バークレー校 大学院に入学、1979年博士課程修了。1981年5月より、東京工業大学 精密工学研究所助手。1989年より同助教授。1997年東京工業大学大学院総合理工学研究科材料物理科学専攻教授。その後、評議員、大学院総合理工学研究科長、フロンティア研究機構長、ソリューション研究機構長を兼務。2011年10月東京工業大学の理事・副学長(教育・国際担当)に就任。2012年10月同大学学長となり、現在に至る。

  • K25月18日(木)10:00~11:30
    横尾 俊彦 氏

    未来を担う世代にふさわしいICT教育充実をめざして
    ~多久市のめざす方向性と実践~


    多久市役所 市長
    全国ICT教育首長協議会 会長
    横尾 俊彦 氏

    ICTやIoTが加速する中、多久市では財源を工夫し、ICT導入を積極的に行っている。PCや電子黒板、ICT支援員の整備をはじめ、小中一貫教育の導入や民間・公的の実証事業活用など新たなICT教育充実のため、果敢にチャレンジしている本市の取組事例等を説く。
    プロフィールはこちら
    • 「ICTは I Create Tomorrow」。1956年生まれ。慶應義塾大学(在学中にカナダのヴィクトリア大学公費留学)卒業。松下政経塾第一期生。「首長はCEO」の理念のもと、平成9年に佐賀県多久市長就任。現在5期目。全国市長会では副会長など歴任して現在は相談役。これまで内閣府地方分権改革推進委員会委員、文部科学省中央教育審議会生涯学習分科会臨時委員など歴任。現在、全国ICT教育首長協議会会長、総務省IoT実装タスクフォース構成員、全国生涯学習市町村協議会会長、全国後期高齢者医療広域連合協議会会長、改革進化市長の会会長、教育再生首長会議副会長、厚生労働省社会保障審議会医療保険部会委員など務める。「天命を信じて人事を尽くす」「凡事徹底」が信条。

    梅村 研 氏

    教育の情報化の動向と今後の展望


    文部科学省
    生涯学習政策局 情報教育課長
    梅村 研 氏

    学習指導要領改訂等の教育改革を踏まえた教育の情報化の動向について解説するとともに、昨年7月に文部科学省が策定した「教育の情報化加速化プラン」を踏まえた各種施策の最新動向と今後の展望等について語る。

    ※異動により、講師が変更になりました(4月5日付)

  • K35月19日(金)10:00~11:00
    鈴木 寛 氏

    高大接続でどう変わる?
    ~AI時代への教育改革


    文部科学省
    文部科学大臣補佐官
    鈴木 寛 氏

    将来の子供たちは、想定外のリスクが増大し、AI、IT、ロボットなどの 科学技術が飛躍的に発展する「激動の時代」を生きていかなければならない。 このような社会を生き抜くためには、自ら思考・判断・表現して、 他者と主体的に協働しながら乗り越えていく力が必要であり、 そのために必要な教育改革について、高大接続を中心に語る。
    プロフィールはこちら
    • 1964年生まれ。東京大学法学部卒業後、1986年通商産業省に入省。通産省在任中から大学生などを集めた私塾「すずかんゼミ」を主宰。慶應義塾大学助教授を経たのち、国会議員を12年間務め、在任中、文部科学副大臣を2期務めるなど、教育、医療、スポーツ・文化、科学技術イノベーション、IT政策を中心に活動。2012年に一般社団法人社会創発塾を設立し、社会起業家の育成に力を入れている。2014年より、東京大学公共政策大学院教授、慶應義塾大学政策メディア研究科兼総合政策学部教授に就任。同年文部科学省参与、2015年より文部科学大臣補佐官を務める。その他、日本サッカー協会理事、NPO法人日本教育再興連盟代表理事、JASRAC理事などを務める。

  • 3特別講演を開催!

  • 無料

    ※事前登録制

  • S15月17日(水)13:00~14:00
    東原義訓 氏

    次期学習指導要領改訂ポイントとICT活用


    信州大学 教育学部 次世代型学び研究開発センター 教授
    東原 義訓 氏

    次期学習指導要領改訂で何が変わるのか。「主体的・対話的で深い学びの実現のためのICT活用」「全ての学習の基盤となる情報活用能力(含むプログラミング教育)」などのポイントを解説。また、学習指導要領の実現に向けて動き始めた、自治体や教員養成のこれまでには見られなかった新たな展開を紹介する。
    プロフィールはこちら
    • 信州大学学術研究院教育学系教授。専門は教育工学。教育学部附属次世代型学び研究開発センター副センター長として、新たな学びと教育の情報化に関する研究・開発・実践に従事。文部科学省の教育の情報化ビジョンの検討に際して設置されたワーキンググループ、学びのイノベーション事業、先導的教育体制構築事業、「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議、学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議など、「どのように学ぶか」に関係する各種委員を歴任。平成25年度から4年間、文部科学省研究開発学校の日野市立平山小学校の運営指導委員会委員として、防災教育「生きぬく科」のカリキュラム開発、カリキュラム・マネジメントに参画した。2013年度情報化促進部門で文部科学大臣表彰。

    ※招待券に掲載されている、文部科学省 教育課程課長 合田 哲雄氏の講演は、公務の都合により、講師変更となりました。

  • S25月18日(木)13:00~14:00
    御厩 祐司氏

    総務省における教育ICT政策


    総務省
    情報流通行政局 情報通信利用促進課長
    御厩 祐司 氏

    プログラミング教育やネットワーク整備、クラウド活用など、総務省で推進している教育ICT政策について、全国各地における豊富な先進事例を交え、詳しく解説する。
    プロフィールはこちら
    • 平成 5年 文部省入省(教育助成局地方課教育委員会係)
      平成13年 愛媛県教育委員会保健スポーツ課長
      平成17年 文部科学省大臣官房政策課課長補佐
      平成19年 文部科学省生涯学習政策局地域政策室長
      平成25年 兵庫教育大学大学院学校教育研究科教授
      平成26年 文部科学省研究振興局ライフサイエンス課幹細胞・再生医学研究推進室長
             併任 生命倫理・安全対策室安全対策官
      平成27年 総務省情報流通行政局情報通信利用促進課長

  • 4塾・予備校向け 専門セミナーを開催!

  • ※事前登録制

  • ED18 5月17日(水) 15:00~16:00 <塾におけるICT活用>
    木暮 誠一 氏

    1人1台のiPadで学習効果を高める
    ~5000台のiPadを導入した学習塾の学習効果と導入のポイント~


    (株)中萬学院
    運営企画推進室 課長
    木暮 誠一 氏

    CG中萬学院では、1人1台のiPadを自宅への持ち帰りも許すことで、授業だけでなく家庭学習においてもiPadを活用して学習効果を高めている。学習指導の方法やシステム等を紹介するだけでなく、5000台を超えるiPadの管理ノウハウや、学校とはちょっと違う導入のポイントについてもお話する。
    プロフィールはこちら
    • 1961年神奈川県生まれ。
      1985年中萬学院に算数講師として入社。現場で教室長などを経験した後、1991年同社本部教務部へ異動。授業を実践するとともに教務の要として教材の開発も担当する。
      1997年システム開発課に異動。全社ネットワークの構築、情報システムの導入、基幹系のオープンシステム化等を次々行い、現在のIT体制を作り上げる。
      なお、地元では太鼓保存会の会長を務めている。

  • 5学びNEXT 特別講演を開催!

  • 無料

    ※事前登録制

  • MS15月17日(水)15:00~16:00
    中村 伊知哉 氏

    子供たちが将来世界で活躍するために!
    小学生からプログラミング教育を


    慶應義塾大学大学院
    メディアデザイン研究科 教授
    中村 伊知哉 氏

    情報化社会を生きる子どもたちには、論理的思考や創造力、コミュニケーション力が必要である。なぜプログラミング教育はこれらのスキルを養うために重要なのか。2020年必修化が予定されるプログラミング教育について、海外の事例や、国内の動きなどを交えて語る。
    プロフィールはこちら
    • 1961年生まれ。京都大学経済学部卒。慶應義塾大学で博士号取得(政策・メディア)。
      1984年、ロックバンド「少年ナイフ」のディレクターを経て郵政省入省。通信・放送融合政策、インターネット政策を政府で最初に担当するが、橋本行革で省庁再編に携わったのを最後に退官し渡米。
      1998年 MITメディアラボ客員教授。2002年 スタンフォード日本センター研究所長。2006年より慶應義塾大学教授。
      内閣府知的財産戦略本部委員会座長、内閣府クールジャパン戦略会議、文化審議会著作権分科会小委などの委員を務める。
      CiP協議会理事長、デジタルサイネージコンソーシアム理事長、映像配信高度化機構理事長、超人スポーツ協会共同代表、デジタル教科書教材協議会専務理事、吉本興業社外取締役などを兼務。
      著書に『コンテンツと国家戦略』(角川Epub選書)、『中村伊知哉の新世紀ITビジネス進化論』(ディスカバリートゥエンティワン)など多数。
      Twitter @ichiyanakamura
      Facebook 中村 伊知哉

  • MS25月18日(木)15:00~16:00
    安彦 公斉 氏

    教育改革を踏まえた教育情報化の重要性
    ~プログラミング教育の動向~


    文部科学省
    生涯学習政策局 情報教育課 情報教育振興室長
    安彦 広斉 氏

    10~20年後の未来を見据え、我が国の教育の現状と課題を踏まえた教育改革が、学習指導要領等改訂や高大接続改革という形で進められている。人工知能やセンサー技術などの進化により、第4次産業革命への対応が世界中で求められる中、初等中等教育段階では、児童生徒に情報や情報手段を主体的に選択して活用していくための「情報活用能力」を育成することが重要である。プログラミング教育の動向とともに、教育情報化の重要性について今後の展望を語る。
    プロフィールはこちら
    • 1968年山形県鮭川村生まれ。1992年専修大学法学部卒。
      1995年文部省大臣官房総務課採用、1999年教育助成局財務課教育財務企画室教育設備係長、
      2001年初等中等教育局参事官付情報網整備係長、2004年高等教育局専門教育課メディア教育係長、
      2006年高エネルギー加速器研究機構(KEK)主計課長、2007年初等中等教育局教職員課課長補佐、
      2011年初等中等教育局幼児教育課課長補佐、2013年初等中等教育局財務課課長補佐、
      2013年大臣官房総務課事務次官秘書、2015年初等中等教育局初等中等教育企画課課長補佐などを経て、
      2017年4月から生涯学習政策局情報教育課情報教育振興室長(併)初等中等教育局視学官となり、現在に至る。

    ※異動により、講師が変更になりました(4月5日付)

  • MS35月19日(金)13:00~14:00
    川上 量生 氏

    ネットの高校「N高」の取り組みについて


    角川ドワンゴ学園 理事
    カドカワ(株)代表取締役社長
    川上 量生 氏

    学校法人角川ドワンゴ学園 の「N高等学校」(N高)は、現代のネット社会に対応したまったく新しい高校です。同校が採用する、最先端の双方向の教育システムについてお話しします。
    プロフィールはこちら
    • 1968年生まれ。91年、京都大学工学部卒業。
      同年、株式会社ソフトウェアジャパン入社。
      97年、株式会社ドワンゴ設立、代表取締役に就任。
      現在、同社代表取締役会長、
      カドカワ株式会社 代表取締役社長、
      スタジオジブリプロデューサー見習い。
      06年よりウェブサービス「ニコニコ動画」運営に携わる。

  • 6学びNEXT 専門セミナーを開催!

  • ※事前登録制

  • M15月17日(水)13:00~14:00 <プログラミング教育(小学校)>
    松田 孝氏

    未来の学びプロジェクト―前原の奇跡
     「授業実践革命!―プログラミング100時間に向けて」


    小金井市立前原小学校
    校長
    松田 孝 氏

    学校は、子どもが生きる時代とその時代に必要な技術を学ぶ最先端の場。プログラミング教育は、第4次産業革命ど真ん中を生きる子供に責任をもつ新しい「学び」の象徴!総合的な学習の時間(35h)を核に既存教科での実践を加え、プログラミング100時間で「授業実践革命」をめざす前原小の実践の事実とエッセンスを余すところなく開陳する。
    プロフィールはこちら
    • 東京学芸大学教育学部卒、上越教育大学大学院修士課程修了、東京都公立小学校教諭、指導主事、主任指導主事(指導室長)を経て、多摩市立東愛宕小学校(現、愛和小学校)に赴任、2016年4月からは小金井市立前原小学校校長。現在、総務省「プログラミング教育事業推進会議」委員、「地域IoT実装推進タスクフォース人材・リテラシー分科会」委員も務める。
      100年以上変わらない公立小学校の在り方に危機感を抱き、タブレット他マルチデバイスなどの活用を活かした、初等公教育のリデザインを実践する。
      今年度(平成28年度)は3年生以上の学年で、総合的な学習の時間に年間20時間のプログラミング授業計画を立案し、現在実践中。
      前原小は今年度(平成28年度)、総務省の「先導的教育システム実証事業」協力校(フルクラウドモデル)、「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業協力校。

  • M25月18日(木)13:00~14:00 <プログラミング教育>
    平井 聡一郎氏

    これならできる小学校のプログラミング
    ~プログラミングで学ぶ教科の学習~


    (株)情報通信総合研究所 特別研究員
    平井 聡一郎 氏

    2018年の新学習指導要領の移行措置まで1年をきった今、どのようにプログラミングを指導すればいいのか?どの教科で教えればいいのか?と小学校は不安だらけです。そこで、安心して2018年を迎えられるよう、普通の学校でできる、プログラミングで学ぶ教科の学習を紹介します。
    プロフィールはこちら
    • 小学校、中学校での教諭、管理職と指導主事8年間の経験を経て、古河市教育委員会で3年間にわたり、全国初のセルラーモデルiPad導入、クラウド活用、エバンジェリスト制度というリーダー教員育成システムなど、先導的な教育ICT環境構築に取り組んできた。また、地方自治体として、企業、大学、国との連携により、低予算で最大の効果を目指して取り組み、成果を上げている。その中で、小学校におけるプログラミングによる教科指導のあり方に昨年度から取り組み、2018年の次期学習指導要領の移行措置に向けた授業モデルを構築した。

  • M35月19日(金)13:00~14:00 <ビッグデータ活用>
    松居 辰則 氏

    教育ビッグデータが導く新たな学習支援
    ~「技術と人の共生」による豊かな学習支援を目指して~


    早稲田大学
    人間科学学術院 教授
    松居 辰則 氏

    教育ビッグデータは学習にかかわる行動情報(学習履歴)、生体情報で構成される。これらのデータを適切に用いることで、より人間に寄り添った学習支援が期待される。「技術と人の共生」による豊かな学習支援の可能性を最新の研究事例を紹介する。
    プロフィールはこちら
    • 1988年早稲田大学理工学部数学科卒業。1993年同大学院理工学研究科博士後期課程単位満期退学、博士(理学)。早稲田大学理工学部、東京学芸大学、電気通信大学大学院情報システム学研究科を経て、2004年より早稲田大学人間科学部(現在、人間科学学術院)。学習データやテストデータの解析手法、知的学習支援システム、感性情報科学、生体情報からの学習者の心的状態の推定手法に関する研究等に従事。
      最近は、「技術と人との共生」をキーワードに人間に寄り添った豊かな学習支援環境の実現に向けての研究を行っている。教育ビッグデータからの退学者予兆に関する研究を企業と共同で行っている。人工知能学会、教育システム情報学会、電子情報通信学会等会員。

  • ※セッションの録音、写真、ビデオ撮影は禁止です。また、講師・プログラムが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

  • 上記セミナー以外にも、教育に関わる全32セミナーを開催!



  • お問合せ Contact

    edix@reedexpo.co.jp