出展社による無料公開セミナー - 教育ITソリューションEXPO(EDIX) | リードエグジビションジャパン

出展社による無料公開セミナー

セミナー・イベントの一部を下記に掲載しております。この他にも多くのイベントが開催されます。(一部抜粋)

※前回(2018年)のプログラムです。

≫5月16日(水) ≫5月17日(木) ≫5月18日(金)

  • 5月16日(水)

    時間 タイトル/講師名など お問合せ先 会場
    11:00~12:00 ソフトバンクグループのeラーニング
    ~動画教材制作も簡単なモバイル学習~


    サイバーユニバーシティ(株)
    サイバー大学 学長
    川原 洋

    <講演内容>
    ソフトバンクグループ開発のクラウドキャンパスは、eラーニング教材の制作から配信、モバイル学習、履歴管理に至る機能について、「教育機関や企業が専門スタッフなしに運用できること」をコンセプトに開発
    サイバーユニバーシティ(株)
    03-6895-0436
    http://biz.cyber-u.ac.jp/products/cc2biz/
    会場①
    11:00~12:00 学校における感染症対策

    白鴎大学 教育学部 教授
    岡田 晴恵

    <講演内容>
    学校や幼稚園、保育所などは、うつる病気(感染症)の流行しやすい場所であり、児童生徒、園児はもとより、教職員自身にも影響を及ぼしかねません。
    今回の講演では、教育現場でとるべき対応を説明致します。
    大幸薬品(株)
    感染管理マーケティング部
    03-5425-1141
    会場②
    12:15~13:15 学習につまずきがある子どもの理解と支援

    大阪医科大学LDセンター
    特別支援教育士SV(SENS-SV)
    American Academy of Optometry認定オプトメトリスト(FAAO)
    College of Optometrist in Vision Development認定オプトメトリスト(FCOVD)
    奥村 智人

    <講演内容>
    ディスレクシア児童へは、学習面でどのような配慮が必要か?!
    書体を変えることも配慮であることを紹介。
    (株)モリサワ
    お申込:https://morisawa.eventcreate.net/event/2246
    お問合せ:03-3267-1378
    会場①
    13:30~14:30 アクティブラーニングと講義ビデオ活用

    帝京大学
    理工学部情報電子工学科 教授
    ラーニングテクノロジー開発室 室長
    渡辺 博芳

    <講演内容>
    帝京大学での反転授業の事例を交えて、講義ビデオの活用を考える。
    メディアサイト(株)
    03-6452-9043
    http://www.mediasite.co.jp/
    会場①
    13:30~14:30 「ICTを活用した遠隔合同授業のイマ・ミライ」
    〜文部科学省実証事業採択地域からの提案〜


    鹿児島大学大学院教育学研究科
    准教授
    山本 朋弘

    <講演内容>
    3年間に及ぶ文部科学省の遠隔合同授業の実証事業を経験した自治体より、ICTを活用した遠隔合同授業の効果、ICT環境や授業をデザインするノウハウ、ミライへの展望を伝えます。
    リコージャパン(株)
    090-8961-7365
    会場②
    14:45~15:45 外国人技能実習生に最適なアテインの日本語e教材(JLPT対応)の活用

    アテイン(株)
    プロモーション担当
    上谷 梢栄

    <講演内容>
    外国人技能実習生の派遣側にも受入れ側にも有効な、アテインのeラーニング日本語教材見放題サービス(N5~N1対応教材、入門教材、ビジネス日本語教材)の活用方法をご案内します。
    アテイン(株)
    03-3255-4721
    会場①
    14:45~15:45 「『教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン』のポイントと望ましい整備計画のあり方」第一部

    平成29年度 文部科学省
    「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン普及事業」
    説明会講師
    林山 耕寿

    ソフトバンクコマース&サービス(株)
    ICT事業本部 MD本部
    技術統括部
    第1技術部3課 課長代行
    熊谷 哲人

    チエル(株)
    エバンジェリスト
    村上 有弘

    <講演内容>
    教育現場で扱う個人情報は多岐に渡るため、情報セキュリティへの対応強化は必須といえます。
    文部科学省の「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」ポイントと実装方法についてご紹介します。
    チエル(株)
    03-6712-9721
    https://www.chieru.co.jp/mailform/2018edix/
    会場②
    16:00~17:00 今イチオシの教育トレンド、マイクロラーニングって何?
    ノウハウ教えます!


    アシストマイクロ(株)
    Software Distribution Group
    陶守 正寛

    <講演内容>
    話題のマイクロラーニングとは?単なるモバイル学習と何が違うの?学習者がやる気になる秘訣とは?最適なプラットフォームとコースデザインについてのエッセンスを語ります。
    アシストマイクロ(株)
    03-5302-2981
    http://www.assistmicro.co.jp/events/edix2018/
    会場①
    16:00~17:00 「『教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン』のポイントと望ましい整備計画のあり方」第二部

    平成29年度 文部科学省
    「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン普及事業」
    説明会講師
    林山 耕寿

    ソフトバンクコマース&サービス(株)
    ICT事業本部 MD本部
    技術統括部
    第1技術部3課 課長代行
    熊谷 哲人

    チエル(株)
    エバンジェリスト
    村上 有弘

    <講演内容>
    教育現場で扱う個人情報は多岐に渡るため、情報セキュリティへの対応強化は必須といえます。
    文部科学省の「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」ポイントと実装方法についてご紹介します。
    チエル(株)
    03-6712-9721
    https://www.chieru.co.jp/mailform/2018edix/
    会場②
  • 5月17日(木)

    時間 タイトル/講師名など お問合せ先 会場
    11:00~12:00

    ◆『つうじる英語』の発音指導と発音トレーナー資格取得◆
    ◆『通じる発音のしくみと、簡単な発音の直し方』◆
    ―既存の英語ソフトをより効果的に活用する方法―

    (一社)国際発音検定協会
    代表理事
    奥村 眞知

    <講演内容>
    「つうじる英語」を目指す流れの中、これまで触れられなかった“通じるための発音”が必須になってまいりました。教員が現場でできる「わかりやすい発音指導」のノウハウと「発音指導者」の資格取得をご提案します。
    (株)プロンテスト
    東京オフィス
    03‐5577‐6035
    http://www.prontest.co.jp/entry/
    会場①
    11:00~12:00 Bring Innovation to Classroom

    VISANG EDUCATION INC.
    Vice President
    Jun Woo Hyun

    <講演内容>
    From "Teacher-Centered" Learning to "Student-Centered" Learning
    VISANG EDUCATION INC.
    82-10-9264-3127
    会場②
    12:15~13:15 女性の働き方と大学キャリア教育

    活水女子大学
    文学部英語学科  教授
    新井 恭子

    立教大学
    経営学部 兼任講師
    長田 太郎

    (株)ビジネスリサーチラボ
    代表
    伊達 洋駆

    <講演内容>
    新井先生による講演に続き、講師3人で女性の働き方と大学キャリア教育について、
    会場のみなさんから質問をして頂ける参加型のパネルディスカッションを行います。
    (株)エイプルジャパン
    092-281-0708
    会場①
    13:30~14:30 生きた英語力。その土台づくりを国語で実践してきた多聴・多読メソッドで。

    (株)理究
    英語教務主任
    石井 直樹

    <講演内容>
    「聴く・読む」を同時に行い、英語を英語のまま習得。全国300教室で導入「ことばの学校」読むとくメソッド(R)の英語版が待望リリース。ネイティブと同じ手順で小学英語の基礎力を高める画期的プログラムです。
    (株)理究
    ことばの学校事務局
    045-440-5518
    https://www.kotobanogakko.com
    会場②
    13:30~14:30 情報漏洩は他人事ではない!?
    IT資産の「見える化」で対策の第一歩を。


    (株)ディー・オー・エス
    営業企画課
    小藤 亜美

    <講演内容>
    ICT化が進む教育機関では、情報漏洩対策が喫緊の課題となっています。
    ツールを使ってPCなどのIT資産を一括管理し、セキュリティ対策をはじめられたある教育機関の事例を交えながらご紹介します。
    (株)ディー・オー・エス
    0664483858
    https://www.dos-osaka.co.jp/event_tokyo180516.html
    会場①
    14:45~15:45 全学の運用経験から学ぶ「eラーニング活用術」セミナー

    ① 東京医科大学
    准教授
    R. ブルーヘルマンス

    ② 中京大学
    学術情報システム部
    角谷 充彦

    <講演内容>
    ① 『手塩にかけて育てるeラーニング』
    Moodle・Maharaを導入し体験した苦労話などを講演します。

    ② 『中京大学でのGlexa全学利用事例』
    全学でGlexaを導入した目的や運用事例などを講演します。
    (株)VERSION2 推進課
    011-252-0120
    promotion@ver2.jp
    http://ver2.jp/lp/edix/
    会場①
    14:45~15:45 「活用される」eラーニング成功のポイント

    KIYOラーニング(株)
    代表取締役社長
    綾部 貴淑

    <講演内容>
    多額の費用をかけてeラーニングを導入しても、活用されない例が散見されます。本セミナーでは、導入の失敗原因を分析した上で、現場で「活用される」eラーニングにするための手法と導入手順を解説します。
    KIYOラーニング(株)
    03-6434-5886
    https://member.aircourse.com/contact/
    会場②
    16:00~17:00 全国初!タブレットPCを使った大学入試
    ~学習力を評価するテストを開発~


    国立大学法人
    佐賀大学
    理事・副学長
    兒玉 浩明

    <講演内容>
    佐賀大学では、ペーパーテストでは問えない「学習する力」を評価するテストを開発し、全国で初めてタブレットPCを使ったCBT入試を実施した。入試に対応した機能も搭載したこのシステムの概要を紹介する。
    (株)佐賀電算センター
    0952-34-1511
    https://www.sdcns.co.jp/index/news/edix.html
    ※ページ下部の「セミナー参加申し込み」よりご登録下さい
    会場①
  • 5月18日(金)

    時間 タイトル/講師名など お問合せ先 会場
    11:00~12:00 情報漏洩は他人事ではない!?
    IT資産の「見える化」で対策の第一歩を。


    (株)ディー・オー・エス
    営業企画課
    小藤 亜美

    <講演内容>
    ICT化が進む教育機関では、情報漏洩対策が喫緊の課題となっています。
    ツールを使ってPCなどのIT資産を一括管理し、セキュリティ対策をはじめられたある教育機関の事例を交えながらご紹介します。
    (株)ディー・オー・エス
    0664483858
    https://www.dos-osaka.co.jp/event_tokyo180516.html
    会場①
    11:00~12:00 ELEVATE YOUR AUDIO(ひとつ上の音響体験を)
    -音が習熟度に与える影響について-


    シュア・ジャパン(株)
    インテクレーテッドシステムズ
    セールスマネージャー
    大友 裕己

    <講演内容>
    93年の歴史を持つ音響メーカーShure(本社:シカゴ)が、「音」と「習熟度」の関係を独自の視点から解説。学校の音に関する課題とその具体的な解決策を紹介します。音響設備を、習熟度の観点から見直してみませんか?
    シュア・ジャパン(株)
    03-4588-1188
    会場②
    12:15~13:15 LMSの破壊的進化とeラーニング新時代

    (株)ネットラーニング
    代表取締役社長
    岸田 徹

    <講演内容>
    約4千万人のユーザ、約5千社・校の導入実績から得られた知見から、現在起こっているLMSの飛躍的な進化とeラーニングの本質的大転換点、従来型教育・研修を根本から変えていく新時代のインパクトを論じます。
    (株)ネットラーニング
    03-5338-7455
    会場①
    13:30~14:30 AI x ビッグデータ x LA x VR x アプリ 最新教育テクノロジのご紹介2018

    (株)デジタル・ナレッジ
    代表取締役COO
    吉田 自由児

    <講演内容>
    AI、ビッグデータ、LA、VR、アプリ…
    これら最新テクノロジを教育ITに取り込んだ製品や事例を交え紹介し、
    学びを取り巻く環境変化も織り交ぜながら、
    テクノロジが導く学びのスタイルや可能性を解説します。
    (株)デジタル・ナレッジ
    0358462131
    https://www.digital-knowledge.co.jp/archives/15227/
    ※当セミナーはお申込み制です。 ページの「セミナーお申し込みはこちら」よりお申込みください。
    会場①
    13:30~14:30 Lifelong Learningの観点から見るSTEM教育の重要性と教育プラットフォーム

    日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ
    文教グループ 統括本部長
    山本 陽次

    日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ
    文教グループ
    大渕 みほ子

    日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ
    文教グループ
    渡部 達郎

    <講演内容>
    知識基盤社会を迎える現在、Lifelong Learning(生涯を通した学び)の観点から、なぜSTEM教育が注目されているのか、そして、一人ひとりに最適なラーニングパスをいかにして実現できるか、TCSの考える新時代の学びをご紹介します。
    日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ(株)
    文教グループ
    03-6736-6089
    会場②
    14:45~15:45 新聞とITで未来を語ろう

    読売新聞東京本社
    教育ネットワーク事務局
    鈴木 美潮

    <講演内容>
    読売新聞本紙や中高生新聞、KODOMO新聞、The Japan Newsなど読売新聞社のコンテンツを活用した、教育支援プログラムを紹介します。
    読売新聞社
    03-6739-6986
    http://kyoiku.yomiuri.co.jp/

    会場①
    14:45~15:45 町田・八王子小学校におけるプログラミング教育の最前線
    ~実践事例から分かる使いやすいプログラミング教材と評価規準の提案 ~


    帝京大学
    教育学部
    初等中等教育学科長 教授
    福島 健介

    町田市立小山中央小学校
    教諭
    古屋 一希

    <講演内容>
    ・教科の目標とプログラミング教育の目当てとの融合を目指した授業
    ・評価規準の基本的な考え方と具体的な提案
    (株)ワイズインテグレーション
    03-6864-1163
    会場②
    16:00~17:00 2000台のPepperによるプログラミング教育の実情
    ~新学習指導要領への対応~


    相模女子大学小学部 副校長
    川原田 康文

    ソフトバンクグループ(株)CSRグループ
    門脇 哲太郎 

    <講演内容>
    調整中
    Pepper 社会貢献プログラム ヘルプデスク
    0800-170-8090
    会場①

当ウェブサイトは、運営と効用の改善のためにクッキーを利用しています。クッキーについての詳細、利用目的や管理方法は、プライバシー&クッキーをお読みください。尚、このサイトを利用するにあたり、あなたはクッキーの使用に同意していることになりますのでご留意ください。